fc2ブログ
2014.10.13 小さな命
週末に事務所に向かうときは、車を利用することが比較的多いです。

高速道路を利用します。 
その折に、その道路や側道に、小動物の遺体を見つけることがあります。

なぜ、高速道路などに・・   そうした疑問はあります。
なぜなんだろうと。

でも、今はそのことを触れようとしているわでではありません。
そうした折に、
高速道路に用意してある≪緊急連絡用の電話≫を
いつも必ず利用します。
 小動物の遺骸がありますので、お願いしますと、 そう連絡します。

電話口の相手方は、 わかりました、すぐに対応します、ありがとうございます。
そう丁寧に答えてくださいます。


高速道路の≪緊急連絡用の電話≫は、受話器をあげるだけで
即座に繋がります。 
また、 自分が架けた≪緊急連絡用の電話≫がどの場所であるかは
即座に分かるようになっていますから、
自らの場所を特定して伝える必要はありません。
単に、小さな命の遺骸が、どこら辺の場所にあるかさえ言えば足ります。

 分かっています
そんな連絡をしても
遺骸はきっと『生ゴミ』の扱いなのでしょう。
何らの弔いがなされることは、ないのでしょう。
でも、放置して捨て置かれるままは、許せないのです
あまりにも、哀れだと思うのです。

 どうぞ、そうしたシーンに出会うことがあれば
どうぞ、連絡してあげてください。

  お願い致します
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://furukawakaikei.blog99.fc2.com/tb.php/79-c47b1a62