fc2ブログ
2014.07.21 金子みすず
   「大漁」

     朝焼け小焼けだ
     大漁だ

     大羽鰮(いわし)の
     大漁だ

     浜は祭りのようだけど

     海の底では何万の
     鰮(いわし)のとむらい
     するだろう

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 女流詩人の金子みすず の 歌です
 こんな感性をもった詩人が、昔に居たということに驚きます
 
 いや、今も昔もそういう感性をもった人のみが
 人の世に、潤いと優しみをもたらしているのだと思いたいのです
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://furukawakaikei.blog99.fc2.com/tb.php/63-d054f120