fc2ブログ
日本では鯨肉を食すというのは、
日本での食文化です。

オーストラリアでは、カンガルーを食すと聞きます。
韓国では、犬を食すと聞きます。
シナでは、机と豚の鳴き声以外はすべて食すと聞きます。

しかし

人というは

なんと罪深いものなのか


そういう深い認識をもって生きねばと思います

そうして

命を屠ってのみ、この生を、命を保ちうるのが

この人間というものであれば

その命を慈しむということが、 いつも根底になければならない。

その思いを忘れたときに、人は畜生道に堕ちてゆくのではないかと

痛烈に思います。



鳥インエンザのとき

蔓延しないようにと、殺処分場に送り出す

肉牛の頬をさすって

涙していた、 あの

宮崎の酪農業のおばさんの涙は

肉牛といういずれは、奪うことになる命であっても

そうであるからこそ、なお一層

その生あるときに、

慈しむ機会をあたえてあげられなかったこと

そのことに申し訳ない、すまない という

そういう涙ではなかったろうか。



そんな風に思うのです
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://furukawakaikei.blog99.fc2.com/tb.php/55-91a654c3