fc2ブログ
豚のロディオについて

 この催しに協賛するのは即座におやめ頂きたい。
いずれは殺される運命にある命であらば、
その生のあるときにこそ、 
その命を慈しむことはあっても
その命をもてあそび、虐げる行いは、 
人として、
断じて許されるものではないと考えるからです 


スポンサーサイト



2015.06.07 ナポレオン
この兵士は故郷にも連隊にも友人がいたはず。
だが、今、倒れ果てた彼を誰ひとり弔う者なく、寄り添うは彼の愛犬のみ。
吾輩は国の将来を決する幾多の戦いを平然と見てきた。
何度も命令を下して幾千の死を招こうとも、涙することはなかった。
しかし今、わが心は動揺し、ひどく乱れ、落涙を禁じ得ぬ。
何ゆえに?
あの哀れな犬のために



戦いの終わった月明かりの戦場で、
主人の亡骸を離れず、その顔を舐め、悲しげに吠え続ける一匹の犬。
ナポレオン・ボナパルト、おのれの死の瞬間までその光景を忘れなかった。
2015.06.04 母猫
いつも世話をしています、茶トラのメス猫が
この春におなかが大きくなりました。

ものすごく気の強い子で
いつもシャーシャー言います。
 おなかが大きくなっても
それは変わりませんでしたし、
威嚇する声はより大きくなったように思えたのは
やはり、おなかが大きくなって
今まで以上にナーバスになっていからでしょう。

ここ最近、しばらくの間
とんと姿を見せなくて心配していました。

おとついに
漸く姿を見せてくれました。
それは
嬉しい出来事です。
そうして、自らが産み落とした子どもを
咥えてきました。
 ・・母親は一生懸命に
 この子を舐めて心配しているのです。

 でも、残念なことですが
そのこはもう亡くなっていました。
首の周りから、身体がすでに冷たくなり始めています。
見開いた眼を閉じさせてあげようとしたのですが、
もうそれは、難しかったです。
もうすこし、はやく連れて来てくれていたら
なんとか助けてあげることが出来たかもしれないのに
可哀相に

 すこし歩いたところに
堤防があり、桜並木になっています。
その桜の樹の下に
安置しました。

 安らかに
虹の橋を渡りました